A1359:アナログ出力およびパルス幅変調出力付きプログラミング済みデュアル出力リニア ホール効果センサー IC

Description

リニア出力ホール効果センサーの新しいアプリケーション (変位量および角度位置) では、冗長出力と共に高い精度を必要とします。Allegro A1359 のプログラム可能なリニア ホール効果センサー IC は、これらの目標を両方とも満たすように特別に設計されています。このリニア デバイスに関連する機能によって、高い精度を必要とする自動車および工業用途での使用に最適となり、この温度安定デバイスは、幅広い温度範囲 (–40°C ~ 150°C) にわたって動作します。

デバイスの精度は、特定の用途または回路のデバイス感度、静止時電圧出力 (QVO:磁場がない場合の出力)、および静止時デューティ サイクル (QD) を最適化するために、Allegro 工場でプログラムされることにより強化されています。また、A1359 を使用すると、Allegro のラインの終わりでのテストで感度と QVO/QD の両方に対して温度係数をプログラミングすることで、動作温度範囲全体における性能を最適化できます。このレシオメトリック ホール効果センサー IC は、印加した磁場に比例するアナログ電圧とデューティ サイクルを持つ PWM 信号を提供します。

それぞれの BiCMOS モノリシック回路には、ホール エレメント、ホール エレメント固有の感度ドリフトを減らす温度補正回路、小信号の高ゲイン アンプ、固定された低インピーダンス出力部、および独自のダイナミックなオフセット キャンセル技術が組み込まれています。

A1359 は、8 接点表面実装 TSSOP (末尾は LE) で提供されており、鉛フリーで、リードフレームは 100% の曇り錫でめっき加工されています。

Top Features

  • デュアル追跡出力: アナログ電圧出力およびパルス幅変調 (PWM) 出力
  • 整合アナログおよび PWM 出力によって、さまざまな出力エラー条件を検出可能
  • プログラミング済みのオフセット、感度、および極性
  • Allegro® でプログラム済みの感度温度係数 (TC) および QVO/QD 温度係数により精度を改善
  • 高速チョッピング スキームによって、静止時電圧出力 (QVO) ドリフトを全温度にわたって最小化
  • 温度安定 QVO および感度
  • 出力電圧のクランプにより、短絡回路の診断機能を提供
  • 広範な周辺温度範囲: –40°C ~ 150°C
  • 機械的ストレスに影響されない
  • 規制の厳しい自動車用途向けの向上した EMC 性能

Part Number Specifications and Availability

Part Number Package Type Temperature RoHS
Compliant
Part Composition /
RoHS Data
Comments Samples Check Stock
A1359LLETR-RP-T 8-lead TSSOP -40°C to 150°C Yes View Data Contact your
local sales rep
Check
Distributor Stock
A1359LLETR-T 8-lead TSSOP -40°C to 150°C Yes View Data Contact your
local sales rep
Check
Distributor Stock

Allegro 製品が生命維持装置やシステムの故障の原因となることが予期できる場合、または安全性や有効性に影響を及ぼすことが予想できる場合、そのような生命維持装置やシステムに Allegro 製品はご使用いただけません。

Packaging

パッケージ